日焼け対策対策.com

日焼けについて考える

肌を焼く前によく考えて!

昔から、夏になると健康的な小麦色の肌がいいとされ、日に焼けた肌は夏の子供や、元気の象徴としてあつかわれてきました。しかし、日焼けは日光皮膚炎という火傷の一種で、決して健康の象徴ではないとされています。

特に、近年は美白ブームという事もあり、進んで日焼けを行う人も少なくなってきていますが、日焼けの与える肌への影響を考えると、日焼けは行わない方がいいと言えるでしょう。

日焼けは皮膚の深層部に入ってきた紫外線に対して、皮膚が紫外線から身を守る為に、メラニン色素をつくって侵入を防御する免疫反応の一種です。肌は色素のメラニンを生む出す事で、紫外線を吸収し、肌の奥の組織が傷つかないようにしています。

しかし、この肌の防御反応は、結果的にシミやシワをなどの原因となって肌の老化を促進します。特に、肌の新陳代謝が悪くなる20代以降は、メラニンが生成されても肌のターンオーバーが遅れてしまい、色素が沈着してシミになってしまいます。

紫外線による肌への影響は、年齢を重ねるごとに大きくなり、皮膚の老化が進行していきます。新陳代謝も活発な子供の場合、夏に紫外線をたくさん浴びて肌が真っ黒になっても、秋には白い肌に戻ってしまうのは、新陳代謝が活発で肌が新しく再生するからです。ただし、すぐに白い肌に戻るとしても、紫外線を浴び続けるのは危険です。

紫外線による肌への影響は、遺伝子にまで達し遺伝情報が異常をきたす事で皮膚癌などの影響が考えられるからです。日本では皮膚癌の発症率が、世界に比べて低いことから、日焼けに関する危機感が薄い傾向があります。

日本では、いまだに日焼けは健康の象徴であり、子供が日焼け対策を行うのはおかしいという考えがあります。しかし、子供の時に浴びた紫外線は、瞬間的にあらわれる肌が日焼けする症状に加えて、年齢を重ねた30歳ころから現れ初め、シミやシワなどになって現れます。

日焼けは健康の象徴ではなく、老化を進める事になるものと認識を改めて、日焼けの効果的な対策を行っていく事が求められます。

スポンサードリンク

敬老の日特集 | 柔道整復師の専門学校 | 消費者金融みみより情報 | 自動車保険一括見積もり |
脱毛 | 消費者金融調査レポート | クレジットカードランキング | ウェディングアルバム |

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved