日焼け対策対策.com

日焼け後のスキンケア

皮膚科

日焼けは火傷の一種なので、症状がひどい場合は日焼けとは思わずに、病院で診察して貰いましょう。身体の1/3以上が真っ赤になるような日焼けの場合は、家で我慢して間違った処置をする位なら、早めに皮膚科に行った方が痕も残りにくく綺麗に再生できるでしょう。

また、日焼けが原因で熱が出たり、全身のだるさがある場合や、巨大な水ぶくれができたら、全身火傷と同じ症状なので、医師の専門的な治療が必要となります。 皮膚科で抗炎症剤を処方して貰ったり、感染症の疑いがあれば抗生物質や痛み止め、また解熱剤などを使用して処置をしてもらえます。

日焼けの後を目立たせずに綺麗に治療するには、皮膚科に見せることが大切です。 また、身体の小さい子供の場合、早急に対応しないと、身体の割合に対して火傷の範囲が大きく負担も大きくなるので、日焼けだからと油断しないようにしましょう。

痛みのひどい日焼けは、皮膚科の診察を必ず受けましょう。 日焼け対策をしていても紫外線が強いところに長時間いた場合は、想像以上に酷い日焼けをしてしま事もあります。

こんな時、自分で出来るケは限られているので、患部を冷やしたりして、症状が落ち着いたら病院に行くようにしましょう。日焼けの症状で大きな水泡が出来た場合、病院に行く前に割れてしまうと多量の体液が失われて、命に危険が及ぶ場合もあります。このような事態にならないように、日焼けであっても皮膚科に行く習慣をつけましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved