日焼け対策対策.com

日焼けQ&A

オゾン層とは

オゾン層は、地球を紫外線の脅威から守ってくれている物質で、地上から50kmほど上空にある成層圏にある層の一つです。太陽から発せられる強いエネルギーをもった紫外線は、地上に到達する前にオゾン層に吸収されて、害が少なくなっています。

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。現在、地球にはUV-Cはオゾン層で吸収されるので、到達する事はありません。

UV-Bに関しても、オゾン層がある程度吸収しているので、地球での害が抑えられています。UV-Bを大量に浴びると皮膚癌や白内障といった症状を引き起こす危険があり、地球にオゾン層がなければ、UV-Bの影響で地表に生物はほとんどいないと言われています。

しかし、紫外線を遮る非常に重要なオゾン層は、フロンガスが原因で日々破壊されています。オゾン層が薄くなってしまい、オゾンホールという穴があいてしまっていす。

オゾンホールに近いオーストラリアは、すでに紫外線の影響によって、皮膚癌の発症率が急増しており、ペットや家畜も白内障や皮膚癌の被害を受けています。現在は、フロンガスは世界的に使用が禁止されていますが、一度破壊されたオゾン層は元に戻す事ができず、まだ、地球の上空に溜まっているフロンガスによって、今後も徐々にオゾン層が破壊されてしまいます。

何十年かすると、これまで地球に届かなかったUV-Cも地球表面に届くようになると言われています。UV-Cは、3つの紫外線の中でも波長が一番短く、紫外線による害も一番大きいと言われています。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved