日焼け対策対策.com

日焼けQ&A

子供の日焼け

子供は夏は日焼けして真っ黒になるもの、といまだに考えている人がいますが、オゾン層が薄くなり、紫外線の害が大きくなっている現代では、子供であっても日焼けを避けなくてはなりません。

子供は新陳代謝も活発なので、メラニンが沈着する前に新しい肌に生まれかわりますが、紫外線のUVAは時間をおいて症状が現れ初めます。紫外線を浴びると遺伝子が損傷し、子供のような活発に細胞分裂が行われていると、傷ついた情報もどんどん増殖して突然変異を起こします。

結果的に、将来皮膚癌になりやすくなり、免疫力も低下しているので、風邪などを引きやすくなります。子供の時に紫外線をたくさん浴びた子供は、大人になってから皮膚癌になる確率が高いことがわかっており、子供のころから日焼け対策を行う必要があるのです。

ただ、子供に外で遊ぶ事を禁止する事はできません。この為、大人が日焼けに関する正しい知識を持ち、子供に日焼け対策を行ってやる必要があるのです。日焼け対策をきちんと行えば、子供も外で元気よく遊ぶことができます。

日焼け止めを塗ってやったり、帽子をかぶるよう促し、紫外線の被害を子供が受けないようにしましょう。特に、紫外線の多いオーストラリアでは、子供がサングラスや、日焼け止めクリームを塗る事は当たり前になっています。

子供が日焼け対策を行うのは、おかしいという認識を改める事が求められます。現在、日本では子供はサングラスを着用しなくてはならないほど、紫外線が強い訳ではありませんが、そうなる前から準備していく事が重要です。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved