日焼け対策対策.com

日焼けQ&A

紫外線のメリット

日焼けは以前はいい事であると言われていましたが、現在は害があるとしか言われていません。日焼けが害であると言われる原因は紫外線ですが、紫外線は本当に害しかないのでしょうか。

人はもともと、太陽を浴びて生活するように出来ています。太陽の光に当たる事で、日光浴は自律神経の働きを正常に戻し、体内時計を正確にします。

太陽光で重要な働きであるとされているのが、皮膚内でビタミンDを合成することです。ビタミンDは、日光に当たる事によって生成され、腎臓と肝臓の働きを助け、骨を強くするという効能があります。また、太陽の光は、人体の免疫力を高める作用があり、病気になりにくくなるとされています。

ビタミンDは、このようにしなくては人体で合成されず、人体に吸収されにくいカルシウムやリンの吸収を促して、骨や歯を丈夫にするので、子供や妊婦に特に必要であると言われています。

しかし、日本人はビタミンDが慢性的に摂取量が不足しており、積極的なビタミンDの摂取が求められています。日光にあたる以外では、ビタミンDはイワシやウナギなどから摂取する事が出来ます。

体内でビタミンDを合成するには、1日15分程度日光にあたればいいとされています。1日15分程度あれば、日光に当たるのもあまり害はないとされています。

ただ、昔はオゾン層がしっかりしており、紫外線の被害もこんなにひどくはなかったのに、人間の環境破壊によって、人間をはじめあらゆる動植物の生態系を変化させている事は、忘れないようにしなくてはなりません。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved