日焼け対策対策.com

日焼けの症状

シミ

日焼けが肌に与える影響として、最も代表的なものはシミです。日焼けすることで、紫外線が肌のメラニン色素を刺激し、黒く変色させてシミとして沈着してしまうのです。

日焼けは日差しの強い夏におこりますが、紫外線は夏以外にも強く降り注いでいます。紫外線は春から夏にかけて急増しますが、冬や曇りの日でも紫外線が全くないという事はありません。

この為、シミが出来るのを防ぐには、一年を通して紫外線対策を行っていく必要があります。紫外線を浴びると、肌のメラニン色素が大量に発生しシミになってしまいます。特に、紫外線が強いと、火傷の症状で水ぶくれになる事もあります。

若いうちは日焼けをしても、肌の新陳代謝が活発に行われることで、メラニン色素が作られても沈着する前に新しい皮膚に生まれ変わります。しかし、肌の新陳代謝は年齢とともに衰えていき、日焼けした時に出来たメラニン色素がなかなか排出されず、シミとなって沈着してしまいます。

日焼けをするとメラニン色素が作られ、メラニンが紫外線を吸収することで肌が守られています。ただ、長時間に渡って日焼けしたり、大量に紫外線を浴びてしまうと、メラニンからシミに変化して、皮膚癌の原因になったりします。

日焼けによるシミの予防を行う時は、保湿も十分行うようにしましょう。乾燥した肌は、免疫力が低下しているので、シミが出来やすくなっています。日焼けでシミが出来ないように、保湿を中心としたスキンケアを行い、肌の新陳代謝を促すようにしましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved