日焼け対策対策.com

日焼けの症状

シワ

日焼けする事による肌の影響として、シワが出来る事もあげられます。農家や漁師など日中外で仕事をしている日焼けしやすい人は、日焼けする機会の少ない人に比べて、シワが多くみられます。

シワが多いと、実年齢よりも老けてみられやすいです。日焼けをしやすい顔や首、手の甲は、一般的にも年齢の隠せない場所と言われており、二の腕や太ももなどの日焼けし難い部分に比べて、シワが出来やすいとされています。

このように、日焼けによって紫外線を浴びると、肌にシワができやすくなるという事がわかります。若いうちは新陳代謝が活発なので日焼けをしても大丈夫と考えていると、紫外線によって肌にメラニン色素が大量につくられてしまい、年をとった時に参加した細胞がシワとなってあらわれてきます。

日焼けによる肌のシワは、紫外線に含まれるUV‐Aが関係しています。UV-Aは肌の深層部に影響するので、肌が赤くなったりするUV-Bのようにすぐに症状が現れず、徐々に肌を老化させます。

加齢によって、肌のコラーゲンやエラスチンなどの弾力や潤いを保つ成分が減少してシワが出来るように、UV-Aは肌のコラーゲンやヒアルロン酸を傷つけてシワを生じさせます。

また、子供の時にたくさん日焼けをすると、コラーゲンやエラスチンなどの肌の構造を支える組織を作る能力が低下し、大人になった時にシワが出来やすくなります。日焼けでシワが出来しまうと、シワをのばすコラーゲンやエラスチンを作る能力が破壊されているので、解消し難いとされています。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved