日焼け対策対策.com

日焼けの症状

皮膚癌

日焼けすると、肌の細胞が紫外線に刺激されて、シミやシワが出来てしまいます。しかし、日焼けは肌の老化を促すだけでなく肌の細胞に影響して遺伝子を刺激し、皮膚癌になる可能性を高めます。

日焼けすると、紫外線が肌を刺激され、防衛の為にメラニン色素が生産されます。メラニン色素は、肌の内部の組織が紫外線の影響を受けないように、紫外線を吸収する働きがありますが、メラニンでは対処できないほどの紫外線が肌を傷つけると、肌細胞の遺伝子まで傷つけられてしまいます。

基本的に、遺伝子は傷ついても修復が可能ですが、数が多いと修復しきれず、傷ついた遺伝子情報のまま細胞が作られて、皮膚癌になってしまいます。

日焼けによる皮膚癌の被害は、大人になってから日焼けするよりも、成長期で活発に細胞分裂が行われているし子供が危険です。子供の時に大量の紫外線を浴びた子供は、大人になってから皮膚癌を発症しやすい事がわかっています。

日本人に比べて色素が薄く、メラニン色素がすくない白人は、日本人の数十倍も皮膚癌の発生率が高く、特に、世界でも紫外線が強いと言われるオーストラリアは、子供の外出時に長袖の着用や、日焼け止めを塗ること、また、つばのある帽子やサングラスを着用するよう促す運動が、国を挙げて行われています。

日本人は白人よりも皮膚癌の発生数が少なく、皮膚癌に対する危機感があまりありませんが、近年、日本人にも皮膚癌患者が増加しており、日焼けを軽視している事が原因であるとされています。

オゾン層の破壊などで、紫外線の影響はますます深刻化する事が予測され、日本人も真剣に日焼け対策を行う必要があります。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved