日焼け対策対策.com

日焼けの症状

目の日焼け

日焼けする部分は肌だけでなく、紫外線が侵入しやすい目も影響されやすいです。目が日焼けする事があり、紫外線の影響で一時的に角膜が炎症する雪目と言われる症状です。

雪目は、雪で照り返した紫外線が、目に入ることで起こる事が多いので、雪山で良く見られるとして雪目と言われています。

雪目になると、痛みで目を開けられなくなる事もありますが、一時的な症状なので眼科で適切に治療して貰えば、すぐに回復する事が出来ます。目の日焼けの症状は、雪目のような一時的な症状以外にも慢性的な症状があり、紫外線によって目の水晶体が白く濁ってしまう、白内障になる危険もあります。

白内障になると、早急に治療を行わないと、視力が低下するだけでなく失明する事もあります。日焼けによって紫外線のUV-Bが、目のタンパク質を破壊するので、目の水晶体の線維を破壊されてしまいます。

目のタンパク質が変性すると、白目が変色したり盛り上がってしまいます。また、紫外線は目に見る事は出来ませんが、目の中に入る事で視神経が刺激されて、脳が紫外線を浴びたと勘違いをし、肌に紫外線があたっていないのに、肌が日焼けしてしまう事があるのです。

目を日焼けからまもるには、日差しの強い場所にいく場合は、サングラスをかけることで保護する事ができます。サングラスは、きちんとUV加工されたものを着用し、紫外線から目を保護するようにしましょう。UV加工されていないと、視野が暗くなるので瞳孔が開き、より多くの紫外線が目に入る事になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved