日焼け対策対策.com

日焼け止めの基礎知識

PA値とは

日焼けを予防するには、紫外線を浴びないようにする事も大事ですが、日焼け止めを塗る事が有効です。この日焼け止めの表示には、SPF値とPA値という表示があります。SPF値は紫外線のUV-Bをカットする紫外線防御指数に対して、PAはUV-Aを防ぐUVA防御指数を表しています。

一般に、日焼け止めの表示では、UV-Bから防御する為のSPF値が、注目されやすいです。しかし、UV-AをカットするPAの数値も重要です。UV-Aの影響は、日焼けしてから徐々に症状があらわれ、色素沈着を起こして肌が黒くなります。

UV-Aは波長が長いので、肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンを生成する組織が傷つけられてしまいます。この為、肌が再生されにくくなり、シワやたるみの原因となって老化が進行します。日焼け止めのPAの効果は、+ の数に沿って3段階で表示されます。

PA値は+が1つよりも2つ、2つよりも3つの方が、UV-Aを防ぐ効果が高いとされています。PAは評価基準が正確にない為、+の数で評価されています。もともと、紫外線のUV-Aは肌の老化効果が良く理解されていなかったので、PA表示のない日焼け止めも海外にはあります。

日焼け止めに記載されているPA値は、PA+だと2~4時間効ほど防御効果があるとされています。PA++は4~8時間は防御効果がかなりあるとされ、PA+++は8時間以上効果が非常にあるとされています。

PA値が高いほど効果も高く、肌に与える影響が大きいとされています。。SPF値も考慮して重ね塗りが可能な範囲で塗るようにしましょう。一般的に、日常生活ではPA+で効果は十分とされています。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved