日焼け対策対策.com

日焼け止めの基礎知識

SPF値とは

日焼けの原因である紫外線には、UV-AとUVBの2種類があります。紫外線を効果的に防ぐためには、2種類の紫外線にあわせて日焼け止めを使い、確実に紫外線が防げるようにします。

日焼け止めには、SPF値とPA値が表示されており、それぞれ2種類の紫外線を防ぐのに対応しています。2種類の紫外線のうち、UV-Bに対して働くのはSPF値です。SPF値は紫外線防御係数を表しており、日焼けした時に肌が赤くなったり、皮膚癌の原因となるUV-Bを防ぐ事の出来る時間を数値化しています。

ただ、日焼けの症状の出方紫には、それぞれ個人差があるのでSPF値の数値通りに、確実に防ぐことが出来るかはわかりません。日焼け止めのSPF値が高くても、汗などでながれてしまえば、効果は弱ってしまいますので、状況に応じて対処しましょう。

SPF値の見方は、SPFの数値が1の場合、20分間はUV-Bから肌を守ることができます。SPF20の場合は、400分間はUV-Bを防いでくれる事を表し、SPF値は高ければ、UV-Bを防げる時間が長くなります。

しかし、日本のSPF値は最高でも50までしかありません。SPF値が高い方が、長い時間日焼けの影響から肌を守って貰う事ができます。ただ、最高のSPF50を使えばいいという訳ではなく、SPF値が高ければ日焼けから肌を守る効果がたかい分、肌の負担も大きくなります。

この為、肌の負担が大きいSPF値が高いものを使い続けと、日焼け止めによって肌荒れが起こってしまいます。日焼け止めは、日常生活ではSPF10で十分であると言われ、こまめに塗り直すことで肌への負担を減らしつつ、日焼けから肌を守るようにしましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved