日焼け対策対策.com

日焼け止めの基礎知識

選び方

たくさんの日焼け止めが市販されていますが、SPF50やPA++など見慣れない表示があって、どれを使用したらいいかわからない人もいます。日焼け止めを選ぶ時には、UV-BとUV-Aのバランスが重要です。

日焼けを効果的に防ぐためには、日常生活ではSPFが10、PA+効果で十分と言われています。SPF10、PA+は日常生活での日焼けを予防する効果は十分あり、低い数値なので肌に与える影響も少ないです。

日常生活において、買い物に出かけたり洗濯物を干したりする際の日焼けや、通勤や通学における日焼けであれば、SPF10、PA+の日焼け止めで十分です。ただ、日焼け止めの効果は弱いので、何度かつけ直すようにしましょう。

通勤や通学の場合、朝日焼け止めを塗ったら、会社や学校の中にいる間は必要ありませんが、退勤や下校の際にもう一度塗るようにしましょう。日常生活でずっと屋外にいる場合は、3時間ごとに塗り直すようにして、日焼けを防ぎましょう。

ただ、強い紫外線で日焼けしやすい真夏の海水浴や屋外スポーツ、また雪山でスキーを行う場合は、SPF30~50、PA+++の日焼け止めでしっかり日焼けを予防しましょう。ただ、このような強力な日焼け止めは、普段から使用していると肌荒れを起こしやすいので、日焼け止めをいくつか用意しておき、状況に応じてSPF値やPA値を使い分けるようにしましょう。

日焼け止めは汗をかいたり、汗をふくのにタオルでぬぐったりする事で取れやすいので、状況に応じて日焼け止めを塗り直して効果を保つようにしましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved