日焼け対策対策.com

日焼け止めの基礎知識

塗り方

日焼けの被害から肌を守るには、日焼け止めをぬって紫外線から肌を守る事が効果的です。ただ、日焼け止めは肌に対する刺激も強力なので、使用前は目立たない部分でパッチテストを行い、かぶれや肌荒れの症状が起きないかチェックしましょう。

日焼け止めを塗る時は、むらが出来ないように均一に塗っていきましょう。また、塗り忘れが多く日焼けしやすい場所として、手の甲や足の甲、また首があるので注意しましょう。

日焼け止めは、SPF値、PAの数値によって、紫外線を防げる効果が決まっています。ただ、運動して汗をかいたり、肌と服がこすれたりして日焼け止めが取れてしまいます。効果の高い強力な日焼け止めを塗っても、100%日焼けを阻止できる訳ではなく、1日のうちに何度か塗りなおす必要があります。

日焼け止めの塗り直すペースは、SPFやPAの数値で異なりますが、日常生活においては、3時間おきに日焼け止め塗り直せばいいとされています。海やプールなどに水辺に行く場合は、ウォータープルーフの日焼け止めを使用し、水に入っても簡単に流れないようにしましょう。

女性の場合、日焼け止めをぬる際に、メイクより先に行うか、後に行うか迷います。日焼け止めの中には、化粧の下地になるものもありますが、ファンデーションを密着させるためにも、日焼け止めをぬってから下地を塗ってファンデーションを塗った方が、化粧崩れを防ぎつつ日焼けを防げると言われています。

ただ、下地の上から日焼け止めを塗って、ファンデーションを塗った方が、紫外線を防げるという意見もあります。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved