日焼け対策対策.com

日焼け止めの基礎知識

落とし方

日焼け止めは、紫外線をブロックする事ができますが、肌への影響も大きいので、肌に残さずきちんと洗い落す必要があります。SPF値とPA値の低い日焼け止めであれば、水でも簡単に落とすことができますが、SPF値とPA値の高い日焼け止めは落ちにくいので、しっかり洗い流しましょう。

SPF値とPA値の低い日焼け止めは、洗顔やボディソープで十分泡立てて洗いましょう。SPF値とPA値の高い日焼け止めの場合、専用のクレンジングオイルなどで一度流してから、洗顔やボディソープで洗い落とします。

特に、顔の皮膚は弱いので、瞼など目の周りは強くこすらないように注意しましょう。強くこすりすぎると肌を痛めてしまい、それが原因で色素沈着おこしてしまいます。

日焼け止めがきちんと落とせたか気になる場合は、専用のクレンジングを使用してから、洗顔やボディーソープで洗うようにし、力を入れないで落とすようにしましょう。

日焼け止めは紫外線から肌を守る事が出来るほどに、強力な化学成分が服慣れているので、日焼け止めが肌に残ったままだと肌荒れを起こす危険があります。外出先から戻ったら、出来るだけ早く日焼け止めは落とすようにしましょう。

また、紫外線は肌を乾燥させるので、石鹸やクレンジング剤で日焼け止めを落としたら、乾燥した肌にたっぷり保湿を行いましょう。日焼けによるダメージは、乾燥によって悪化するので保湿を十分行っていると、日焼けをしてしまっても早く回復する事が出来ます。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved