日焼け対策対策.com

紫外線対策

日傘

日焼け対策には、日傘も有効です。最近は、晴雨兼用のお洒落な傘がたくさんあるので、1本持っていても損はありません。日傘というと人気の色は黒色ですが、黒の日傘と白の日傘では、どちらが日焼け対策には優れているのでしょうか。

基本的に、紫外線を遮るのに優れているのは黒い日傘と言われていますが、黒い日傘は紫外線を遮るよりも吸収しており、100%遮っている訳ではありません。

黒い色が紫外線を吸収することで、肌に紫外線が到達できないという仕組みになっています。ただ、黒の日傘は紫外線を吸収して劣化しやすく、生地が色褪せやすいというデメリットがあります。

対して、白い色の日傘は、紫外線を反射する性質を持っています。ただ、白の日傘の場合も、100%紫外線を反射している訳ではなく、布のすきまを突き抜ける紫外線もあります。

白と黒では、黒い日傘の方が若干紫外線を遮る力が強いとされていますが、黒の日傘が白の日傘に比べて、圧倒的に支持されているのは、裏地に問題があります。

紫外線は地面などに反射して、照り返してきますが、この時白の日傘は、照り返えされた紫外線を反射して、自分に当ててしまう事になります。

黒の日傘の場合、照り返さしの紫外線も、黒が吸収してくれるので、自分に跳ね返ってくることがありません。この為、日傘は黒色が主流になっています。ただ、黒は紫外線以外に赤外線なども吸収するので、夏場は熱が集まって熱くなります。熱中症になる危険もあるので、内側の布が黒色で、外側は白の日傘が用意できるといいでしょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved