日焼け対策対策.com

紫外線対策

服装

日焼けしない為には、肌が日に当たらないようにする必要があります。しかし、ずっと家の中にいるわけにもいかないので、肌の露出を出来るだけ控えて、紫外線を直接浴びないような服装をしましょう。

基本的に、日焼けしない為の服装は、夏でも長袖と長ズボンの着用です。真夏に長袖を着用するのは耐えられないという人も多いでしょうが、完全に紫外線を遮断して日焼けしない為には、このような服装が必要です。

最近は、日焼け対策の為に、通気性にも優れた夏用の長袖も多くあるので、上手に利用して日焼けしないようにしましょう。通気性が優れていると、意外と長袖でも夏を涼しく過ごす事ができます。

また、足の甲は普段から日に当たりにくい部分で、日に焼けやすくサンダルでは火傷するかもしれません。足は、サンダルではなくスニーカーを履くようにし、日焼けの危険を遠ざけましょう。

また、服の色は黒だと紫外線を吸収してしまい、非常に暑くるしいので、長袖長ズボンの場合は、白色を基調にした方が少しは涼しくなります。服の素材やデザインも重要で、麻で出来たものは通気性もいいですが、サテンなどは通気性が悪いので、夏は避けるようにしましょう。

また、長そでのついた手袋もあり、長袖を着るよりは涼しく過ごせます。日焼け予防に一生懸命になりすぎて、熱中症にならないよういに、あまり無理した格好はせず、日焼け止めを併用して上手く行うようにしましょう。

また、男性の場合、首のケアを忘れがちなので、タオルを巻いて汗の吸収と、日焼け予防を行いましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved