日焼け対策対策.com

紫外線対策

帽子

日焼け対策には、古典的ですが帽子をかぶる事も大切です。特に、紫外線が強くなる5月~8月にかけては、いつも以上に日焼け対策を行う必要があります。紫外線対策の帽子としては、顔にかげが出来るような、大きなつばが付いたタイプの帽子がいいでしょう。

帽子に首筋を覆う布が付いていれば、首の日焼けもカバーする事ができます。日焼け対策には、このように帽子をかぶるだけでも十分で、顔に関する紫外線の被害を70%も抑える事が出来るとされています。

特に、外で遊ぶ事の多い子供は、日焼け対策に長袖を来たがらないので、つばの付いた帽子をかぶせてから、遊ばせましょう。紫外線量が日本よりも多い海外では、子供に日焼け止めと帽子を被せる事が法律で義務付けられている国があるほど、当たり前の事です。

日焼け対策が世間でも一般化しつつあり、最近では帽子もお洒落なデザインが多くなり、夏場はン日射病を避けるためにも、ツバ付き帽子を着用するようにしましょう。

日焼け対策用の帽子は、紫外線を大幅に遮断することが出来ます。日焼け対策を行いつつ、ファッション性に優れたものも多いので、夏場は大人も帽子をかぶりましょう。

夏は暑いので、通気性に優れたメッシュ素材の帽子などがいいでしょう。帽子は紫外線を遮ることができますが、通気性が悪いと蒸れて不快になるので、帽子の素材にもこだわりましょう。

帽子は視界が狭いという人は、サンバイザーでも代用できます。帽子やサンバイザーは、日傘のように手を塞がれないので、買い物などにも不便になりません。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved