日焼け対策対策.com

日焼けとは

タンニング(日焼けマシン)

タンニングとは、日焼けマシンを利用して肌を焼く方法を言います。日焼けした小麦色の肌は、健康の象徴であるという認識が強く、綺麗に肌を焼くために行われ始めました。

特に、1900年代は若い男女の間で肌を日焼けする事が流行し、自然にやくのとは区別するためにタンニングと言われています。日焼けサロンは、人工的に紫外線をあてて肌を焼いているので、自然の紫外線とは異なるとの認識がありますが、紫外線を肌に当てる事に代わりはなく、タンニングでも紫外線による肌の影響があるとされています。

タンニングは安全であるという人もいますが、タンニングに使用されるUVAも世界保健機関(WHO)によって、UVBと同様に発がんリスクが最高レベルである事が発表されました。

この為、タンニングであっても、長期的な使用によって皮膚癌になる可能性があり、タンニングで日焼けするから安心という事はありません。

タンニングの方法は、UVBを極力減らしUVAの割合を多くした人工的な紫外線を、タンニング専用のベッドに寝ることで、むらなく綺麗に日焼けできるとされています。

ただ、タンニングでも発がんリスクを伴う事がわかり、現在ではほとんどタンニングは行われていません。また、タンニングでは目を閉じているので、紫外線による目への健康被害はないという人もいます。

しかし、紫外線が肌を通過して細胞の遺伝子に影響するように、目を閉じていても紫外線は瞼を通過できるので、目への健康被害がないとは言い切れません。タンニングで日焼けする場合は、このような健康リスクを考慮して行う必要があります。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved