日焼け対策対策.com

日焼けとは

紫外線とは

紫外線は、太陽から発せられる電磁波の総称です。紫外線は、目で見る事が出来ない非常に短い波長の光です。しかし、エネルギーが大きい為、物質に変化を起こさせる事が出来ます。

紫外線のエネルギーは、動物の肌の細胞の遺伝情報を変化させるほど強力で、殺菌に使用する事もあります。紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類の波長があり、UV-Cは波長が非常に短い為オゾン層で遮断され、地上に到達している紫外線はUV-A、UV-Bの2種類です。

UV-Aは、日焼けした時に肌が黒や茶色くなる原因となる紫外線です。UV-Aは波長が長いので、肌の深層部に到達しやすく、肌のハリや弾力を保つコラーゲンを変性させます。

UV-Aによる日焼けの影響は、日焼けした後すぐにあらわれるのではなく、徐々に肌の表面に出てきます。若い時に日焼けした時の影響は、30代など皮膚の新陳代謝が衰えてきたころに現れ始めます。

また、UV-AはUV-Bの10倍もオゾン層を通り抜けやすく、曇りの日や窓ガラス越しにも日焼け対策を行っていないと透過して日焼けしてしまいます。

紫外線は、日焼けを起こして肌が赤くなったり火傷症状を引き起こします。日焼けするとヒリヒリして肌の水分が蒸発し、肌の乾燥を招いて免疫力が低下します。紫外線は肌に火傷や炎症を起こすだけでなく、皮膚癌や白内障といった深刻な症状の原因にもなります。

紫外線は、肌を通り抜ける効果もありますが、帽子や長そででも防ぐコトができるので、出来る事から始めましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved