日焼け対策対策.com

日焼けとは

日焼けとは

日焼けとは、太陽の光によって肌が焼ける事を言います。日焼けすると肌が褐色になりますが、時間の経過とともに肌が新しく生まれ変わって、元の白い肌になります。

肌が日焼けを起こす原因は、太陽の光の紫外線が原因です。褐色の肌が悪い訳ではなく、日焼けをする過程で大量の紫外線を浴びる事が、体へ悪影響を与えるとして懸念されています。

日焼けによる一番の心配は皮膚癌で、日焼けする事で皮膚ガンのリスクを増加させるとされています。皮膚がんの原因は、紫外線によって皮膚の遺伝子が傷つけられて異常を起こすためです。このように、日焼けを行う事は有害な紫外線にさらされる事になるので、健康に対するリスクが大きく危険とされています。

日焼けをすると肌が黒くなるのは、有害な紫外線から肌を守ろうとする防御反応で、皮膚の内部に侵入した紫外線を防御するため、皮膚はメラニン色素を生産して紫外線を吸収し、皮下組織が傷つけられるのを防いでいます。

日焼けは、昔は健康の象徴として認識されていましたが、現在は子供であっても日焼けをするのは危険であるとされ、紫外線が与える影響を認識する必要があります。日焼けによる影響は、肌が赤くなるなどのすぐに見られるものと、肌に蓄積して数日や数年後に影響するものがあります。

日焼けはどんなに注意しても、地下で生活していない限り100%防ぐ事は不可能です。日焼けをしないように気をつけるだけでなく、日焼け後に適切にケアしていく事も重要です。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved