日焼け対策対策.com

日焼けとは

日焼けと火傷

日焼けは紫外線に肌がさらされて、赤く炎症を起こしたり、褐色になったりする事を言います。日焼けで肌が赤くなったり、褐色になったりするのは体質が原因です。

肌が赤くなる人の場合、日焼けした部分に水ほうが出来る、重度の火傷の症状が現れる事もあります

このように、日焼けは紫外線による火傷の一種で、火や熱いもので火傷するのとは違い、日焼けの場合、太陽の日差しが原因なので、火傷の範囲が大きい事が特徴です日焼けという火傷は、UV-Bという紫外線によって、血管が拡張して赤く炎症します。

基本的に、火傷の症状は、火傷の深さと面積で重症度が判断されますが、日焼けは火傷の深さは、あまりありませんが、海に行って日に焼けた場合などは、背中全面に火傷の症状が現れる事もあり、面積が狭い火傷よりも重症である可能もあります。

この為、ただの日焼けであると軽視していると危険です。特に、日焼けした部分が水膨れになっている場合は、範囲が広いと体内の水分バランスが崩れて、脱水症状になる危険もあります。もし、日焼けしてしまい、患部が水膨れになってしまった場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

日焼けは火傷としての危険なだけでなく、日焼けによって色素沈着がおこり、皮膚の遺伝子が変異して皮膚癌になる可能性もあります。

日焼けは火傷と同じなので、日焼けしてしまった場合は、患部を十分に冷やす事が大切です。ただ、水膨れが出来た場合は、潰さないように注意して乾燥させて、病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved