日焼け対策対策.com

日焼けとは

日焼けの種類

日焼けは、医学的にいうと日光皮膚炎と言われています。日焼けは人によって、肌がすぐに赤くなって痛くなってしまう人と、黒くなって皮がむける人など、症状が異なります。

日焼けをすることは、紫外線によって肌が低温火傷状態になっています。日焼けをしてすぐに肌が赤くなる状態は、サンバーンといいます。サンバーンは、紫外線の中でも波長の短いUV-Bによって引き起こされています。

サンバーンは日焼けによって、紫外線が皮膚に化学物質が生成し、血管を拡張することで炎症を起こさせる症状です。サンバーンの症状は、日焼けをしてからら数時間後には現れはじめ、症状が現れるのが早いという特徴があります。

サンバーンの日焼けの症状は、皮膚が炎症をおこしているので、重症な場合は水ぶくれになったり、湿疹が現れる事もあります。また、日焼けの症状にはサンタンという、波長の長いUV-Aによって引き起こされるものもあります。サンタンではメラニン色素が生産され、皮膚の色が赤くなるのではなく褐色になる症状もあります。

サンバーンの場合、日焼けしてから24時間以内に症状が現れますが、サンタン場合、サンバーンの後に発生する事もあり、日焼けしてから2~3日後に現れるとされています。

日焼けで、サンバーンだけ起こる人は、メラニンが生成されないので、日焼けでシミができ難いです。しかし、メラニン色素はシミの原因紫外線をいなりますが、紫外線から肌を守る働きざがり、シミが出来にくいですが皮膚癌になりやすいとされています。

スポンサードリンク

日焼けとは

日焼けの症状

紫外線対策

日焼け止めの基礎知識

日焼け後のスキンケア

日焼けQ&A

Copyright (C) 日焼け対策対策.com All Rights Reserved